H & I P r o j e c t Official Site

Project Member

何がかつてと違い、何がかつてほど魅力的に聴こえない障害となっているのか、それを明らかにする必要がある。

H&I Project : Producer 
平見勇雄
Isao Hirami

 ここ数年マスコミから聞こえてくる情報は各業界における不正問題が非常に多かった印象があります。建築基準法違反や食の偽装、産地の不正表示をはじめ詐欺の横行、最近では相撲の八百長問題など、業界を問わずあらゆる不正が報道されるのを見るにつけ、世の中全体から正義や信頼がかつてよりも軽んじられている方向に向かっているように感じられます。各分野に携わる方々が誇りや責任を持ってやっていればこんなことは起こらなかったはずです。

 音楽が60年代〜80年代 ほど魅力的に聴こえなくなったと、ここ数年強く感じていた私は学生時代一緒にバンドを組んで活動し、現在音楽業界で立派にプロとしてやっている岩戸氏にこういう日本の現状をも交えて話したところ、音楽の世界にも同じような影が忍び寄っているとのことでした。

 人間の口には入らないもので肉体的な健康に直接関係のない、好みが大きく左右するものだからこそ社会問題には発展しなかったけれど、誰もが身近に聴いて耳にしている音楽が、人間にとって一番重要な心や感性を育てることに大きく関わっていることを考えると、何がかつてと違い、何がかつてほど魅力的に聴こえない障害となっているのか、それを明らかにする必要があると感じました。

 それをステージや本やアルバムを通して知っていただき、かつてのようにより多くの人に楽しんでもらえる音楽を、同じ想いを持つプロの方々や私が敬愛している音楽家の方々の力を借りて世の中に広めていきたい、H&I Projectはそんな想いで始めたプロジェクトです。

 その音源の第一弾として春口雅子さんという作詞・作曲・歌唱の3つの才能に大変恵まれた、しかし同時に人一倍の努力を重ねてもきた彼女の作品を世に問うことになりました。

 5年、10年、20年と時がいくら過ぎても時代に左右されることなく聴き継がれていく力のあるポップス、飽きることのない本物の音、私たちはそういった音楽のみをこれからみなさんに提供していきたいと思っています。

20年以上前の歌素材が、プロの仕事でどのように生まれ変わったかは、あなた自身でお確かめ下さい。
 

H&I Project : Arranger • Recording Engineer 
岩戸 崇
Takashi Iwato

 かつての音楽制作の現場では、スタジオで過ごす時間が非常に長かったものでした。ほとんどの行程をスタッフ立ち会いのもとにスタジオで試行錯誤する訳ですから、時間がかかって当然なのです。

 今の現場ではアレンジャーが自宅で作ってきたものにギターとか歌を重ねるという一部の作業だけをスタジオでやるようになってしまっています。予算の少ない時代としては効率がいいとも言えますが、スタジオで生み出される奇跡もまた少なくなってしまったように思います。いい意味でのムダな時間がなくなってしまったのでしょう。

 プロスタジオにある機材はどれも高価で、それらを使ってプロが仕事をするといわゆるプロのサウンドになります。しかし技術が発達してパソコンの中で機材のシュミレートも含めてほとんどのことができるようになった今、レコーディングがアレンジャーのプライベート環境で完結してしまう場合も多いのです。この流れの中ではプロの仕事としての録音作業が簡略化しているため、昔のようにちゃんと音を作っていない事もイマドキの音が良くない一因であると感じています。

 このプロジェクトでは、現在いくつかの作品が進行中ですが、今回のアルバムはちょっと特殊なケースでした。というのも、学生の頃に一緒に録った音源の歌だけを使ってアレンジをしたいということだったからです。なにせ25年くらい前の音源ですから、テープの状態も含めてどんな風になっているか分かりません。昔録ってそのままになっていた、4トラックや8トラックのオープンリールのテープをかけてみるところから始まったのです。いざ聴いてみると録音状態のいいもの、悪いもの、テンポが一定でないものなど状態は様々でした。

 アレンジも録音も時間をかけ、魅力的なミュージシャンの参加も彩りを加え、眠ったままだった20年以上前の歌素材が、プロの仕事でどのように生まれ変わったかは、あなた自身でお確かめ下さい。CDを聴き終わる頃にはこれが昔録った歌だなんてきっと忘れてますから。



近年の音楽とは一線を画す作品集の第一弾!
時間をかけ推敲された言葉に美しいメロディを織り込んだ彼女の作品は、
時代を問わず聴く価値を失わない。

Jacket-1.jpg2011/06/11 On Sale

雨のせいね / 春口雅子




1  今の旋律(メロディ)
2  春だったから
3  雨のせいね
4  紡ぎ歌
5  だから私
6  小さな恋のエチュード
7  ピアニシモ・ドルチェ
8  海の音を感じたら
9  雨のせいね(リプライズ)
10  シエスタ

ボーナストラック
11  雨あがりの神話(デモバージョン)







HIP-2 紙ジャケット仕様
2,000円(本体価格1,905円



今秋、アルバムの舞台裏、詳細を綴ったCD付きメイキングブックを発売予定。
参加ミュージシャンのインタビューも掲載。